クレジットカードの決まり

クレジットカードには利用限度額というのがあります。
クレジットカードの利用限度額とは、クレジットカード会社が利用者の状況によってクレジットカード利用して買い物ができたり、お金を借りる事ができる金額になります。
この利用限度額を超えてしまうとクレジットカード自体が使用できなくなってしまいますので注意が必要になります。

クレジットカードの利用限度額でもっとも間違いやすいのが、この設定している利用限度額は毎月の利用できる金額の上限ではありません。
利用限度額は、これまで利用している金額の上限になっています。
例えば、利用限度額が30万円のクレジットカードを所有しているとして、8月の夏休みに旅行に出掛けたり、彼女の誕生日プレゼントにクレジットカードで買い物したとして。
20万使ったとします。
8月に使用した金額は、翌月に引き落とされますので、翌月は20万円の引き落としになります。
しかし20万円はかなりの出費になりますので分割にして、月々2万円の支払いにした場合、翌月に使用している金額は18万円です。
その為9月に使用できる金額は12万円という事になります。

また、クレジットカードにキャッシング枠がある場合には、お金を借りる事ができます。
この借りられるお金も利用限度額によって決まってしまいますので、クレジットカードを使用した金額と、キャッシングで使用できる金額を合計した金額が利用限度額以内でしか利用する事ができません。
ただし、返済すればその分利用する事ができますので、返済すればその分利用する事ができるという事になります。
またこの利用限度額の上限は増やす事も可能です。
そこでこのサイトでは利用限度額について覚えておいて欲しい情報を紹介しますので、是非、チェックしてください。